ポルトガル

終着 ロカ岬(ポルトガル)

アイキャッチはロカ岬から東に向いて撮ったユーラシア大陸の"ふち”です。強い風が吹き抜け、植物も地を這うように生育していました。

スペインのマドリッドから夜行バスでポルトガルのリスボンへ。リスボンのユースホテルで時間を過ごし、ロカ岬へ行く準備をします。
前回の記事はこちらです↓

リスボンからシントラへ

ポルトガルのユースで数日過ごし、いよいよ西の果てロカ岬に向かうことにした。まずは列車でリスボンからシントラへと進む。

シントラ行きの列車

シントラはリスボンから西に30kmほどにあり、ロカ岬へ一番近い街。そこに宿をとることにした。

シントラの駅で降りて、宿を探してあちこち歩きまわる。
駅近くをちょっと歩いたところにペンションを見つけてチェックイン。荷物を置いて窓から外を見ると、うっすらと大西洋の姿が。

上海に始まり、陸路20000kmくらいだろうか。大西洋が目に見えるところまでやってきた。ほんとしみじみ。感慨深い……

ペンションの窓から 遠くにうっすらと大西洋が見えます

西の果て ロカ岬を目指して

ペンションで1泊し、シントラ駅前から出るロカ岬行きのバスに乗る。
ここからバスでおよそ19km。
乗客のほとんどいないガラガラのバスはシントラの市街地を抜け、まわりの景色からも次第に建物の姿が少なくなっていく。
そして、しばらくするとぐーっと坂を上り、坂を上ったところで目の前に大西洋が一面に広がる。ほんと感激

バスはロカ岬にある観光案内所の前に泊まった。ロカ岬は断崖絶壁の崖のようなところで、海から吹いてくる風がものすごく強い。
観光案内所の少し先にモニュメントのようなものがある。
ユーラシア大陸の西の果て。モニュメントにはこのように書かれていた

CABO DA ROCA
AQUI……
ONDE A TERRA SE ACABA
E O MAR COMECA……

「ここに地果て 海が始まる」
ポルトガルの詩人、ルイス・デ・カモンイスの詩から引用された一節

まさに大地の果て。旅の終わりにはもってこいの場所だと思った。
だってこれ以上道がないんだもの。

CABO DA ROCA 「ここに地果て 海が始まる」

ここに来るために西へ西へと進んできた。
東の果てから西の果てにたどり着いたときに、はたして自分はどんなことを思うのかと、旅立つときにはそんなことも楽しみにしていたなあ。

実際ここに来てみると、なんだかしみじみとして、ほんとにここまで来たんだなあ、っていう感じで…、なんというか、ほんっと言葉にできない……

ロカ岬と大西洋 左にあるのがCABO DA ROCAのモニュメントです

すべての思いを大西洋に包み込んでもらい、ロカ岬を後にしてシントラへと戻った。

こちらに続きます!