国内旅行

礼文島と伝説の桃岩荘(前編) 知性、教養、羞恥心、まとめてポイ!

伝説のユースホステル

北海道の礼文島。
ここには、知る人ぞ知る「桃岩荘」というユースホステルがある。
時は令和、ネットが世界を覆い、ドローンが空を飛ぶ世の中。
桃岩荘はそんな時代の流れにまったく流されず、ポツンと海に浮かぶ礼文島で「This is Youth Hostel!」を貫き続けて変わらない。


昔の写真を探してたら見つけた「北海道2005」のフォルダ。懐かしの桃岩荘の写真がたくさん出てきました。
あのときのことを思い出しながら、ちょいと書いてみようと思います。
(*なにぶん15年前の記憶ですので、間違っていたらごめんなさい…そして写真は15年前のコンデジなので画質についてもあしからずです、、)

突撃 桃岩荘!

↑ 北海道の美瑛町、パッチワークの丘にある親子の木。写真家の前田真三さんが好きで、それがきっかけで訪れるようになった北海道。毎年のように行きました。

大学生になってから、毎年夏に北海道をひとり旅していた。
泊まるのはもっぱらユースホステル。贅沢旅行が難しい大学生にはありがたい存在。

各地のユースホステルで、とあるユースのうわさを度々耳にしていた。それが「桃岩荘」。
なにやらこの北海道にとんでもないユースホステルが存在するらしい。
これは行ってみなければ、と決意したのが2004年。

そんなわけで2005年の夏の北海道ひとり旅。1年越しの夢(?)を叶え、稚内からフェリーに乗って礼文島を目指していた。
うわさに聞く桃岩荘。聞いてる情報だけでかなり変態的なことがわかっていた。
果たして自分はやっていけるのか、不安でいっぱいである。

桃岩荘には2泊3の滞在予定、2日目は礼文島縦断トレッキング「愛とロマンの8時間コース」に参加することにしていた。

桃岩荘の洗礼

↑ こちらは礼文島からの帰りに撮ったものです。1日4便のフェリーが運行されています。

およそ2時間の船旅を経て、礼文島の港に到着すると、青色をした目立つトラックが待っていた。
ドアの部分に「桃岩荘」と書かれている。送迎バス(トラックだけど)わかりやすい^^

乗客がそろってさあ出発、というところで、同乗するヘルパーさんがいと怪しげなことを言うのだ。

「この車は最新の音声認識車両です!みなさんで『発車オーライ!』って叫んでくださいね!」

いきなりきよったか…
とりあえず、みんなで「発車オーライ!」と言うが車は動かない。
声が小さいと音声認識できないのだ、とヘルパーさんに教えられ、何度か「発車オーライ!!!」を繰り返し、送迎トラックはようやく動き出す。


*ユースホステルには「ヘルパー」とよばれる方々がいます。いわゆる宿のスタッフの方々で、住み込みで働きながら宿泊者たちのお世話をしてくれます。このときのヘルパーさんで覚えているのは「つけもの石」さん、「シャンプー」さん。ご存知の方いらっしゃいますか 笑??

桃岩荘までは車でたぶん10分~15分くらい。
途中、桃岩トンネルというトンネルを通るのだけれど、ここでまたひとつの儀式が待っている。
それが、「知性、教養、羞恥心、まとめてポイ!」の儀式だ。

ヘルパーさんから方法を教わり、乗客たちは、
「知性、教養、羞恥心、まとめてポイ!」
と大声で叫びながら、両手で大きなボールを放り投げるような動作をしなければならない。

言うまでもなく大変に恥ずかしい。。。
しかし、ここはもう桃岩荘のテリトリーなのだ。覚悟を決めてみんなで「ポイ!」の儀式完了。

トンネルを抜けるとすぐに桃岩荘に到着。

↑ 奥にある赤い屋根の建物が桃岩荘。周囲は草原と海で何にもありません。

外観はわりときれい。赤い屋根と茶色い外壁の建物で、いわゆるガラガラ戸の上に「桃岩荘」の看板がかかっている。
中は古さを感じさせるものの、手入れが行き届いてきれいな木造。なかなか広い。もともとはニシン漁をする方々の待機所だったらしい。

着いたのは夕方で、チェックインの手続きをすませてドミトリーのベッドの横に荷物を置く。稚内からここまでずっと移動だったので、ようやくホッと一息つけた。

外に出てみると、夕日がとてもきれい。桃岩荘は礼文島の南西部に位置する。低い崖の上のようなところに建っていて、海が見える場所。

伝統の「ミーティング」

夜には中央の広間で「ミーティング」が行われる。
ミーティングというやつは、昔々のユースホステルではどこにでも設けられていた時間で、ホステルと宿泊者たちの交流会みたいなもの。

今は時代も変わってミーティングの時間を設定しているユースも少なくなってしまったけれど、桃岩荘では健在。

ミーティングの内容はユースホステルでそれぞれだが、ここ桃岩荘のミーティングはとにかく「歌って踊る」。

知性と教養と羞恥心を捨ててきた宿泊者たちが、ヘルパーさんと一緒になってとにかく歌って踊る…!

↑ ミーティングのようす。踊ってる姿は動きが激しすぎて写真に納まりませんでした…ミーティングでは宿泊者がみんな集まるのですが、若い方から年を重ねた方まで、いろんな年齢層の方がいました!

次の日の縦断トレッキングに参加する宿泊者は、ミーティングで前に集められてダンスを披露する。めちゃめちゃ恥ずかしい…が、知性と教養と羞恥心を捨てているので理論上できるはずだ。

というわけで、
「ギンギンギラギラ夕日が沈む、ギンギンギラギラ日が沈む~!」
と大声で歌って踊り、愛とロマンの8時間トレッキング、参加の儀式も無事に終了w
(*歌と踊りはヘルパーさんがとても丁寧に教えてくれます)

激しい(?)ミーティングを終え、明日はいよいよ礼文島縦断トレッキング、愛とロマンの8時間コース。
はてさてどうなってしまうことやら…