中国

西寧からチベットへ 西蔵鉄道(チベット鉄道)

前回はこちらです(よかったらぜひ^^)↓

列車は定刻に西寧駅を出発した。自分の寝台席は3段ベッド(2等寝台)の最上段で、そこに荷物を置き、1階通路にある折りたたみ式の椅子に腰掛けて窓の外を流れていく景色を楽しんだ。
ほどなく夕暮れとなり夜が来て、自分の寝台に戻って休んだ。
やはりきちんと横になって寝られるのはありがたい。なんなら宿泊していたユースホステルのベッドよりも快適で、すっかり熟睡してしまった・・・。

朝起きて車窓を見ると列車はチベット高原の中にいた。これはもったいないことをしてしまったと、あまりに寝すぎた自分をちょっと責めたほど、チベット高原は美しく、流れる景色はどんどんと変化していく。

ポツンと一軒家
羊飼いと羊たち

緑の草原に雪をいただいた山々、羊飼いと羊たち、ヤクの群れ、そしてときどき現れるポツンと一軒家。どうやって暮らしているんだろう・・・。
標高は4000m以上で、雲が低くて石を投げれば届きそう。
こんな世界があるんだなあと、起きてからはずっと椅子に座って車窓を眺めていた。

羊とヤクの群れ

列車はチベット高原をひた走り、そのまま2度目の夕暮れを迎え、ほどなくしてラサに到着した。列車を降りたときにはあたりはすでに暗くなっており、ちょっと不安だったところで駅でガイドさんが迎えてくれた。
お会いすると、
「ようこそチベットへ あなたを歓迎します」
とカタとよばれる白いスカーフをかけてくれた。
ガイドさんはドルジェというチベット人の方で、日本に留学経験があり、流暢な日本語を話すやさしい方だった。ドルジェさんからはこれから続くチベットでの日々の中で、チベット仏教のことをたくさん教えていただくことになる。

この日はそのままホテルに行き、明日に備えてゆっくり休むことにした。

チベット滞在記 ラサ に続きます