ユーラシア大陸横断

フィレンツェ・ベネツィア

アイキャッチはベネツィアの景色。水の上に浮かんでいるような街は空想の物語の中に出てくるような世界でした。

大学の後輩とローマで落ち合い、ローマの休日を満喫しました。ローマから北上し、フィレンツェ、ベネツィアへと進みます。前回の記事はこちらです↓

寄り道フィレンツェ

フィレンツェへはローマテルミニ駅から列車でわずか1時間30分ほど。フィレンツェの駅で降りるとまずは宿に向かって歩く。今回はあらかじめ後輩の持ってきていたガイドブックで決めておいたユースホステル。

フィレンツェではサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やウフィツィ美術館、ヴェッキオ橋を楽しんで2日を過ごした。天気があまりよくなくて写真をあんまり撮っていないのが残念・・・。

ずっと1人の旅だったので、こうしてよく知った人と一緒にまわれるのは本当にうれしい。ほかにも、一緒に市場をめぐったりして楽しんだ。

後輩のイタリア滞在は1週間。もう半分が過ぎてしまった。最後の2日はベネツィアで過ごすことにし、フィレンツェからこちらも列車でベネツィアへ。

水の街のベネツィア

列車が到着したのは夜だった。駅の外に出ると結構暗くてまわりはあまりよく見えない。連日の雨のせいか地面がきらきらと光っている。と思いきや、あれれ?、目の前を船が通り過ぎていく。
石畳がきらきらと光っているんだと思っていたら、運河だった。

気付かずあやうくはまってしまいそうだった・・・あぶない 笑
なかなかびっくりで、少し歩いてみると海の上に小さな陸地がたくさんあって、それが街になっているようだ。

駅の近くのホテルにチェックインし、翌日はヴェネツィア街歩き。サンマルコ広場を目指して後輩と一緒に歩いていく。

水に浮かんでいるような街

これがなかなか大変で、入り組んだ道を歩き、運河に出て道がなくなって引き返し、また別の道を歩いて・・・。そんなことを繰り返し、でっかい運河に出てしまった。

運河ではイタリアとギリシャを行き来するフェリーがゆっくりと進んでいた。

7月に上海に来たときも、こうやって外灘を行き来する船を見てたなあ。
上海の熱気に包まれて旅が始まって、あれから3ヶ月以上たって、今こうやってイタリアでおんなじようにフェリーを見ているのはなんだか感慨深い。

いやいや、でも今は感慨にふけってる場合じゃなくて、サンマルコ広場に行かなくては!

そんなこんなで迷いまくってようやく広場に到着。一緒に大きなピザを食べたり、有名なティラミスをいただいたり。

ローマに始まりあっという間の1週間となった。
ほんっとうに名残惜しいけれど、ベネツィアで2日間を過ごし、いよいよ後輩ともお別れとなった。

帰りの飛行機に乗るためローマにもどる後輩をベネツィア駅で見送る。
ほんとうに夢のような時間・・・。ありがとう。

自分は後発の列車で西へ進んでいく。まずはベネツィアから西におよそ400km、イタリア半島を東から西に横断して、ジェノバへ。

シーフードパスタもさすがのお味でした

こちらに続きます!